バイクフライデーのタンデムでサイクリングした記録です


by th924
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2007年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

パンク修理

タンデムのチューブ交換とパンク修理をやった。チューブは会社帰りにBLサカタニに寄って買ってきた。パンク修理するなんて何年ぶりかなぁ。先日ダイキで買ってきたパンク修理セットは、中を見てみるとマルニのものだった。地球のマークのマルニのパンク修理セットは、ツーリングなどをやっていた時には常にお世話になってきたが、最近は全くパンク修理をすることはなくなってしまった。ロードの場合あまりパンクしないし、パンクしたら修理せずに交換がほとんどだろう。圧も高いし、修理したものはどこか不安だからね。
a0103850_15272617.gif

まあ、それで後輪のチューブは新品と交換して、パンクした2本は予備チューブにすることにした。先日の教訓でタイヤに付けた印をバルブ穴の部分に持ってきて、それからタイヤをはめ込んだ。その後久し振りのパンク修理に挑戦だ。まず穴を探してと思ったがそのままでは見つからず、結局チューブに空気を入れて穴を探した。よく水に浸けてと書いてあるが、そこまでしなくてもチューブを顔に近づけて音と風で探すほうがいいだろう。水に濡らしたら後が面倒臭いからね。それでパンク穴を探し出し、印を付けてから空気を抜いた。この時印を付けずに空気を抜くと、また穴が分からなくなってしまうから注意しよう(笑)。私も何度もやってるけどな。そして紙やすりでパンク穴の周囲を広めにこすり、ゴムのりをこれも広めに塗って完全に乾くまで待ち、パッチを貼り付けたら完成だ。最近はパッチが進化して修理がとてもやりやすくなった。昔は大きいパッチをはさみで切って使っていたものだが…。久し振りのわりにはうまく行ったようだ。最後に引っ付かないように修理した部分に天花粉をまぶしておいた。これで予備チューブ2本が完成し、タンデムサイクリングでのパンクの時も安心になった。

その後、ついでにポラールCS400のケイデンスセンサーのセッティングをやった。マグネットとセンサーの間隔は約2mm程度だったが、それを1mm程度まで狭めてみることにした。どうやろうかと考えていたら、マグネットに付属の両面テープが目に入った。中央がスポンジ状でやや厚みのある両面テープだったので、これを2枚重ねして貼り付けてやればちょうどいいくらいになりそうだった。マグネットを剥がす時に、ポラールのテープは重ね貼りしている所は剥がれやすかったが、クランクに直接貼り付いている所はメチャ剥がしにくかった。剥がしにくいので脱落防止に関しては安心したが…。それで両面テープを2枚重ねしたマグネットをクランクの裏に貼り付けてみたら、見事に約1mmの間隔になった。これであかんかったら、どうしようもないなぁ。

12月2日の日曜日は、吊るし柿の里へタンデムサイクリングに行こうと思っている。ルートはロード練習コースの鍋谷峠から新道分岐まで下り、そこから堀越観音へ向かうというコースがいいかな。鍋谷峠から少し登ってから下る道もあるようだが、結構急な下りのようなのでタンデムでは止めておいたほうがよさそうだ。ただ、帰りは蔵王峠から滝畑へ抜けるので、こちらのセメントの急な下りは多分押すことになりそうだ。押すというよりも引くか(笑)。ロードの時は写真が撮れないので楽しみだ。
[PR]
by th924 | 2007-11-30 23:44 | 整備

071123 飛鳥周辺散策

甘樫丘地区川原駐車場-壺阪峠-吉野-芋ヶ峠-飛鳥周辺散策-甘樫丘地区川原駐車場

久し振りのタンデムサイクリングは、飛鳥周辺の散策にした。とは言っても、それだけでは何とも物足りないので、飛鳥から壺坂峠を越えて吉野に下り、芋ヶ峠を越えて飛鳥に戻ってから散策することにした。駐車場は昨日ネットで調べた「甘樫丘地区川原駐車場」にした。ここは甘樫丘の麓にあり、無料で利用できる上にトイレまであり飛鳥のサイクリングにはもってこいの駐車場だろう。

芋ヶ峠を下って栢森を過ぎた辺りから後輪がフワフワするのに気付いた。kunちゃんに「後輪へこんでへんか」と聞いたら、「へこんでるで~」という返事だった。やっぱり後輪がパンクしたようだ。それで後輪のタイヤを外そうとするが、なかなか外すことができずに焦ってしまった。HEのホイールということで練習した時はうまく行ったのにな。それで空気をできるだけ抜いてやってみたら、何とかリムの端が見えてきてタイヤのビードをそこに乗せて外すことができた。タイヤレバーを使った方が楽だったのかなぁ…。それでタイヤを調べたら小さい穴が開いていて、そこから漏れているようだった。この時、タイヤの内側もよく調べたはずだったのだが、駐車場に戻ってタイヤを調べたらまた少し抜けているようだった。やってしもたな。多分タイヤに何か刺さっていて、それでまたチューブに穴が開いたのだろう。パンクした時には、タイヤとチューブの穴の位置をよく調べることが必要だな。他人にはいつも言ってることだけに反省やな。結局家に帰ってから調べてみたら、やはりタイヤにワイヤーの端のようなものが刺さっていて、それでパンクしたことが分かった。それでタイヤにも印を付けてそれをリムのバルブ位置に合わせることにより、パンク穴の位置がすぐに探せるように対策した。次からは注意しよう。

昨日セッティングしたポラールのCS400については、スピードセンサーについては問題なかったが、ケイデンスセンサーの方はマグネットとセンサーの間隔が広すぎるためか、計測できていないことの方が多く再調整が必要のようだ。

a0103850_10263523.jpg
久し振りのタンデムサイクリングに出発です

a0103850_10265280.jpg
昔の家並みが続く高取町の旧道(土佐集落周辺)

a0103850_1027374.jpg
壺坂寺から二上山・葛城山を望む

a0103850_10271334.jpg
日向ぼっこ

a0103850_10272568.jpg
芋ヶ峠(kunちゃん「足疲れた~」)

a0103850_10274199.jpg
飛鳥に戻って稲淵の棚田

a0103850_10275047.jpg
かわいくて人懐っこいネコちゃんを発見

a0103850_1028362.jpg
牛乳箱の上がお気に入りのようです

a0103850_10281197.jpg
亀石 蛙にも見えますね

a0103850_10281969.jpg
マラ石 見たまんまですね(笑)

a0103850_10283176.jpg
夕暮れ間直の棚田

a0103850_10284018.jpg
石舞台(バックは二上山)

a0103850_10285180.jpg
飛鳥寺 (鐘つきしてきました)

[PR]
by th924 | 2007-11-23 22:48 | サイクリング
23日の祭日に明日香の方へタンデムサイクリングに行こうと思うので、セッティング途中だったポラールCS400の取り付けを実家から帰ってからやってみた。メーター本体のハンドルへの取り付けと、スピードセンサーの取り付けは終わっているので、残るはケイデンスセンサーの取り付けだけだ。まず、ケイデンスセンサーをシートチューブかダウンチューブかどちらに取り付けようかと思ったが、シートチューブは若干細いためかセンサー先端がクランクから離れすぎているため、ダウンチューブに取り付けるしかなさそうだった。最初はセンサーをボトル台座の下にセットしてみたが、そこではクランクと離れすぎのため、いったんタイラップを切ってボトル台座を挟むような位置に付け替えた。そこだとクランクと最も近づき、クランクのマグネット貼り付け部も平らのためベストな位置と思われた。ケイデンスセンサーをクランクに最も近づく位置にセットし、クランク内側をアルコールで脱脂してからマグネットを貼り付けた。いきなり貼り付けたが位置はピッタリ、センサー先端との距離も約2ミリ程度とバッチリだった。あとはポラールのテープでマグネットをクランクに固定して完成だ。

そしてCS400本体の方でBIKE2を登録して、ケイデンスが実際に計測できているかどうか試してみた。クランクをセンサーの位置でチョコチョコ動かすと、ちゃんとケイデンスが表示されたので安心した。適当にやったわりにはうまく行ったな。最後にタイラップの余りを切り取ったら作業終了だ。あと、時間は遅かったが一応BIKE2(タンデム)のタイヤ周長の計測もやってみた。部屋の中でバルブ位置を下にしてから1周転がし、その距離を計測した。20X1.75の標準は1510ミリくらいだったが、実測は約1530ミリだったので、1520ミリで登録してみた。実際の乗車状態でもう一度計測しようとは思っている。これでCS400のセッティングもほぼ完了し、後は走ってみるだけだが結構楽しみだ。
[PR]
by th924 | 2007-11-22 00:30 | 整備
ポラールCS400はバイク2台を管理できるため、タンデムにも取り付けて使用できることに気が付いた。それで早速スピードセンサーとケイデンスセンサー、バイクマウントをネットで購入した。それらが今日やってきたので、夕食前に試しに取り付けてみた。バイクマウントはステムには短すぎて取り付けることができず、ハンドルバーのステムクランプ部分の左横に取り付けてみた。ハンドルのステムクランプ部分はテーパーになっているためタイラップの固定が難しかったが、何とか固定することはできた。CS400を付けてみると・・・「まあ、こんあもんとちゃうか」。

次はスピードセンサーの取り付けで、こちらはFフォークが円筒形のパイプ形状のためやりやすかった。左Vブレーキのやや下あたりにスピードセンサーを取り付け、それに合わせてホイールマグネットを1.5mm位の間隔でセットした。そしてホイールを回すと・・・「反応遅いなぁ…。おっ、測っとる測っとる」。あとはケイデンスセンサーの取付けだが、時間がないため後日ということにした。タンデムサイクリングもポラールCS400で管理できたら、これはほんまに面白いと思うで。
[PR]
by th924 | 2007-11-13 23:52 | 整備